Rびんが杉並区の『薄着賞』グランプリを受賞

2004年12月7日

薄着賞

びん再使用ネットワークのRびんが杉並区の『薄着賞』グランプリを受賞しました。杉並区(東京都)は、平成24年までに家庭ごみの量を40%削減する政策「杉並ごみ半減プラン」をかかげ、レジ袋の削減など、環境への積極的な取組みを行っており、今年度はこの運動の普及のため、ごみ減量に貢献する商品や事業者を表彰する「すぎなみ環境賞」を創設しました。
第1回目のテーマが「過剰包装の抑制」で、「環境にやさしい事業者賞」、「薄着賞(環境にやさしい包装技術や、簡易包装など環境に配慮した商品)」、「厚着賞(過剰包装の商品又は環境に配慮の乏しい事業者等)」など5つの部門が設けられ、びん再使用ネットワークのRびんが『薄着賞』グランプリを受賞しました。
選定理由は、「Rびんは統一された形状のびんで、回収・洗浄した上で、色々な調味料や飲料等に繰り返し使用される。現在減少しつつあるガラスびんの再使用をもう一度見直して欲しいという期待と、ごみ減量には再使用がリサイクルに優先されることを区民に認識していただくため選考委員全員の意見により選定された」そうです。(2004年12月)