びん再使用ネットワーク(5生協)のRびん回収実績

年度別、生協別、回収本数、回収重量、回収率は以下よりご覧下さい。

● 累計回収本数は 1億8000万本を突破! 重さは53,320トンに

回収したRびんの累積量を換算してみました。びんをコンテナ回収すると、1トン当たり約3.8立方メートルになり、学校の体育館を10,000立方メートルとした場合、体育館約20棟分ということになります。

● 自治体回収費用(税金)は32億円を節約

回収したRびん累積重量を自治体回収費用に換算してみました。例えば、リサイクルするために自治体が負担する分別収集コストは、1kg当たり59円ですので(廃棄物会計2003)、31.5億円の税金を節約したことになります。

● 削減したCO2は 6万655トン

回収したRびんの累積量を環境負荷の低減量に換算してみました。500mlの重量Rびんの場合では220g(注)のCO2が削減できますので、全て500mlびんとした場合には6万655トン(東京ドーム25個分)のCO2を削減したことになります。
(注)重さ320gのびんをリユースした場合(回収率75%)のCO2量は120gですが、リユースしない場合CO2量は340gで、その差が220gとなります(1999年東洋ガラス実施LCA評価より)。

Rびん累計使用本数「2億7571万本」、累計回収本数「1億8335万本」