「超軽量Rびん」ってなんでしょう?

軽くて丈夫な、地球と人にやさしい、進化したRびん

1.超軽量Rびんは、ガラスびんの外側表面に“コピー用紙1枚分程度”の樹脂を薄くコーティングすることで実現しました。このコーティングが保護膜となるため、くり返し使ってもびんのはじめの強度がずっと維持されるのです。

強度比較

2.細くて軽くて持ちやすく、くり返し使用しても強度が変わらない、環境負荷の最も少ない容器、まさしく環境の世紀にふさわしい容器となりました。

3.従来の500mlRびんと超軽量500mlRびんのスペックを比較すると図表のとおりで、軽量化やCO2の削減効果が高いだけでなく、実使用上の洗びんロス率も大幅に向上しています。詳しい環境影響情報については、下の『500mlRびんのライフサイクルアセスメント』をご覧下さい。

「超軽量Rびん」の環境優位性の評価結果は、こちら